■英語学習者による学習法レビュー

■英語学習者の体験談

あなたの英語学習法に役立てて。

英会話がほとんどできない、自信がないのに何とかしようと思うあまり失敗するケースのほとんどは「やさしい」という言葉の落とし穴にハマることです。特に、社会人になってから改めて英会話の必要性を痛感して、慌ててCD付ヒアリング英会話とテキストの併用タイプの書籍を購入するパターンが一番多いようです。テキストを読みながらCDの英会話を聞いていく、会話+英文で覚えるタイプは、一見簡単にできそうですが、意外と長続きしません。

なにより、社会人が英会話で挫折するのは、ビジネス英会話を甘く見ているということです。テキストを読みながら英会話を聞くだけと思っていても、天気や挨拶、昨日は何をしたかなどの、中学生の教科書のような内容ではないからです。

ビジネス英会話は、まったくの別物です。いくらテキストに「やさしいビジネス英会話」と書かれていても、ビジネス英語という分野は英会話の中でも中級以上の方が取り組みものです。海外旅行に行って道を尋ねるのもアヤシイというレベルの方が学習するような分野ではありません。本棚にビジネス英会話テキストが飾ったままにしてある方は、同じようなイタイ経験があるかと思いますが、ここで諦めてしまっては元も子もありません。基本的な英会話の「耳慣れ」をしてから学習することをおすすめします。

海外ペンパル、海外ボランティア、運転免許取得

私の有効だった英語の勉強方法は、まず一つ目に文通です。 机上の勉強では覚える事が困難な単語や文章も、相手とのやりとりを通して調べて覚えることで、よりスムーズに覚えることが出来ていました。 現在ならメールでやりとりしていることも同じ効果があると感じています。 二つ目は英語に関わりがあり、自身が興味のある分野について、マスメディアを通して学ぶことです。 私の場合はモータースポーツのF1でした。好きな選手の記事を読んだり、インタビューを字幕なしで聞いたりすることでより英語に親しみを持てるようになりました。 三つ目は、海外ボランティアです。社会福祉を専門に学んでいた私はイギリスにある福祉関係の施設でボランティアとして住み込みで働くことになりました。生きる英語を使う意味では、語学学校より効果が高いのではないかと思います。 四つ目は、イギリスで運転免許を取得したことです。運転を教わり、教習内容を学習することは英語の能力を上げるうえでも有効でした。 上記の四点に共通する事は、英語を手段として学習することです。 手段とすることで使用する英語の量は目的としていたときより格段に多く、またその目的を遂行するべく集中力も一層高まっていたと思います。